便秘解消法

Sponsored Link

便秘解消のすすめ

健康はまず、腸を整えることから!
人間の腸の中には、100兆個もの細菌が生息し、種類は約500種もあるといわれています。
その細菌は、「腸内細菌」といわれています。
腸内細菌の種類は、乳酸菌を代表とする善玉菌と、有害菌である悪玉菌が存在しますが、さらに詳しく分けると、腸内の環境状態によって「善玉菌」にも「悪玉菌」にもなったりする、「日和見菌」という3種類に分類できます。

 

健康な人の腸内環境は、善玉菌と悪玉菌それぞれが上手く保たれています。
小腸から大腸にかけては、これらの腸内細菌がびっしり存在し、まるで草むら(フローラ)のようであることから、腸内フローラとも呼ばれています。
腸内フローラのなかの細菌は、さまざまな働きで、人の健康に多大な影響を与えているのです。

 

健康な人の腸では善玉菌優勢の状態が保たれていますが、バランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、病気やアレルギーの原因になるといわれています。
便秘はこの腸内細菌のバランスが悪化している警告信号。
そして便秘によってさらに悪玉菌が増えるという悪循環に陥ってしまいます。

 

善玉菌の代表格が、乳酸菌です。
生まれてから数週間の赤ちゃんの便が黄色っぽく、甘酸っぱくて臭くないのは、お母さんのおっぱいしか飲んでいない赤ちゃんの腸内が、ほぼ善玉菌だからです。

 

乳酸菌を摂取する上で、最も大切なことは、「腸まで生きて届く」ということです。
せっかく摂取しても、それが腸に届かなければ、さほど効果は期待出来ません。
乳酸菌飲料を飲んでも、それに含まれる善玉菌のほとんどは、腸に届く前に死滅してしまいます。
では、乳酸菌飲料を飲んでも全く無意味かというと、そうでもありません。
たとえ死滅してしまっても、死菌としてビフィズス菌を繁殖させる効果があることが認められています。

 

ヨーグルトなどに用いられるビフィズス菌は腸内定住菌ですが、外部から入った菌というのは腸まで届きにくく、もし腸に届いてもそこに定着することが出来ません。
さらには、酸素、温度、酸、圧力などに対して大変弱く、打錠加工されたものに関しては、加工の際に掛かる圧力によって、ほとんどが死滅してしまいます。
粉末状のものは、乾燥した状態で保たれていますが、やはり2〜3ヶ月も経過すると、半分は死滅してしまいます。
しかし、有胞子性乳酸菌の場合は、生きたまま腸に届きます。
有胞子性乳酸菌は、1週間程度増殖したのち、死滅します。
これは、腸内に定着する細菌ではなく、ビフィズス菌(乳酸菌)の増殖を手助けしてくれる働きがあります。

 

カイテキオリゴ

【日本一】売れてるオリゴ糖・カラダにやさしいのでおすすめ

 

善玉菌のチカラ

自然なお通じで、頑固な人にも評判です

 

キャンデト茶

お試し540円(送料270円)
▼頑固な便秘の方にはこちら▼

Sponsored Link